公開シンポジウム

基調講演とパネルディスカションから成り、200人規模で開催されます。味の素食の文化センターが運営する会員制の討論会「食の文化フォーラム」の成果に基づく「食の文化シンポジウム」と、それ以外のテーマで行うものがあります。

これまでの公開シンポジウム

年度 テーマ 開催日
2016 和食文化の多様性-日本列島の食文化を考える 2016.10.15 開催報告
2016 「郷土食」「学校給食」から和食文化の保護・継承を探る 2016.07.30 開催報告
2015 共食 〜あなたは誰と食事しますか? 2015.10.24 開催報告
2014 「食と信仰のかかわり」-東西世界でのさまざまなかたち- 2014.10.15 開催報告
2014 「料理すること」 2014.02.22 開催報告
2013 「和食の力:だし・うま味」―無形文化遺産を目指す"和食"・震災復興の現場にみるその力- 2013.03.10 開催報告
2012 「火と食」-ヒトはいつから火を使い始めたのか 2012.10.20 開催報告
2011 わたしたちは何を食べていくのか-食の経済と文化のつながりの中で- 2011.11.12 開催報告
2011 おいしく語るアジアの食-『麺』からみる韓半島と日本の食文化- 2011.10.14 開催報告
2010 FOOD in 風土-米と魚vs麦と乳(ミルク) 2010.11.27 開催報告
2010 食とこころ・からだ-医食同源に学ぶ- 2010.11.06 開催報告
2009 "食"-その伝統と未来- 2009.11.07
2007 米と魚に見るタイと日本の食文化比較 2007.11.30
2006 食を育む水 2006.12.02
2005 料理屋のコスモロジー 2005.01.14
2005 海にむかって山にむかって-味覚と嗜好- 2005.12.03
2004 食と大地-大地の恵みとその将来- 2004.09.10
2003 江戸の旅と食 2003.09.26
2001 食と教育 2001.10.12