味の素食の文化センターが企画するイベント


eizou_main.jpg 味の素食の文化センターが企画するイベントには2種類あります。ひとつは大学の講義形式を模した公開講座。もうひとつは基調講演とパネルディスカションで構成されるシンポジウムです。いずれも事前申込が必要ですが、無料でどなたでもご参加いただけます。

公開講座について

大学の講義形式で行われる比較的少人数(60~70名)の講座です。食に関連した旬のテーマや社会的関心の高いテーマを選び、その分野の専門家を講師に招いて開催します。講座は90分の講義と30分の質疑応答により構成されます。
通常、講師作成資料が配布されるので、講義内容への理解が深まります。また、講師との距離感が近く、気軽に質問できるのも特長です。
 

公開講座
5-2.png

食の文化シンポジウム

基調講演とパネルディスカションから成り、200人規模で開催されます。味の素食の文化センターが運営する会員制の討論会「食の文化フォーラム」の成果に基づく「食の文化シンポジウム」と、それ以外のテーマで行うものがあります。
 

公開シンポジウム
書籍 食の文化フォーラム