雑誌 『vesta』(ヴェスタ)

食に関心のある人ならどなたでも楽しめる『vesta』

味の素食の文化センターが企画・編集する食文化の雑誌です。季刊誌で年に4回発行しています。『vesta』は毎号、ひとつのテーマを掘り下げる特集と多彩な連載記事から構成されます。料理やグルメから一歩踏み込んで食文化のことを知りたいけれど、漠然としていて自分の興味がどこにあるのかわからない。そんなときには是非『vesta』を手にとってみてください。『vesta』の目次はいわば食文化情報のショーウィンドウ。目に留まったページを開くとそこには深奥な食の世界が広がります。

コンテンツアーカイブ

次号のご案内

2018.04.01

雑誌 『vesta』(ヴェスタ) 110号 これからの日本茶

責任編集 特集アドバイザー/中村 順行(静岡県立大学特任教授、 同大学 茶学総合研究センター・センター長)

本誌No.51(2003)で特集された「岐路に立つ日本のお茶」から15年が過ぎた。 その後、消費者の嗜好の多様化はより一層進展し、急須で淹れるお茶離れは進み、ペットボトルは定着し、簡便化商品が急増している。また、海外では日本茶に高い関心が示され、日本茶の文化を担ってきた抹茶は、本来の茶の湯のみならず各種飲食材などへの他用途利用も進み、今後さらに需要の増加も期待されている。 このようななか、需給の歪...

お問い合わせ : 味の素食の文化センター Tel 03-5488-7318

バックナンバー

PAGE
TOP