雑誌 『vesta』(ヴェスタ)

食に関心のある人ならどなたでも楽しめる『vesta』

味の素食の文化センターが企画・編集する食文化の雑誌です。季刊誌で年に4回発行しています。『vesta』は毎号、ひとつのテーマを掘り下げる特集と多彩な連載記事から構成されます。料理やグルメから一歩踏み込んで食文化のことを知りたいけれど、漠然としていて自分の興味がどこにあるのかわからない。そんなときには是非『vesta』を手にとってみてください。『vesta』の目次はいわば食文化情報のショーウィンドウ。目に留まったページを開くとそこには深奥な食の世界が広がります。

コンテンツアーカイブ

メルマガ会員限定vestaバックナンバー

メルマガ会員向けにvestaバックナンバーの一部を公開していきます。
メルマガ会員へのご登録がまだのかたは以下より簡単にできます。

最新号のご案内

2019.01.12

雑誌 『vesta』(ヴェスタ) 113号 食をめぐる「もったいない」

責任編集 髙田 公理 (武庫川女子大学 名誉教授)

 子供のころ茶碗にご飯粒を残すと、「もったいない。食べ物を粗末にしたら目がつぶれる」と叱られた。 それが今日MOTTAINAI という世界語になった。広めたのは ケニアの環境保護活動家ワンガリ・マータイさん(故人)だ。  彼女は二〇〇四年に「持続可能な開発、民主主義と平和への貢献」で ノーベル平和賞を受賞。翌年、日本でこの言葉に出会い「環境問題を 考えるのに重要だ」と気づく。  最初それを彼女は「...

お問い合わせ : 味の素食の文化センター Tel 03-5488-7318

バックナンバー

PAGE
TOP