雑誌 『vesta』(ヴェスタ)

食に関心のある人ならどなたでも楽しめる『vesta』

味の素食の文化センターが企画・編集する食文化の雑誌です。季刊誌で年に4回発行しています。『vesta』は毎号、ひとつのテーマを掘り下げる特集と多彩な連載記事から構成されます。料理やグルメから一歩踏み込んで食文化のことを知りたいけれど、漠然としていて自分の興味がどこにあるのかわからない。そんなときには是非『vesta』を手にとってみてください。『vesta』の目次はいわば食文化情報のショーウィンドウ。目に留まったページを開くとそこには深奥な食の世界が広がります。

コンテンツアーカイブ

メルマガ会員限定・vestaバックナンバー公開

メルマガ会員向けにvestaバックナンバーの一部を公開していきます。
下記サイトより閲覧いただけます。
※ログインID・パスワードは配信メールにてお知らせいたします。

最新号のご案内

2020.07.13

雑誌 『vesta』(ヴェスタ) 119号 世界を旅する和食の今

特集アドバイザー 髙田公理(武庫川女子大学名誉教授)

 人が旅をすると何かが微妙に変化する。生活スタイルや物の考え方などだ。これに似たことが料理にもあてはまるような気がする。すしという料理がある。本来は主として魚を塩と米飯で乳酸発酵させた食品だった。それを「なれずし」という。今も東南アジア以東の各地で作られている。なれずしは大昔、日本にも伝わり、今なお何か所かで作られている。琵琶湖周辺の鮒ずし、秋田のハタハタずしなどだ。が、やがて日本では、酢飯の上に魚を乗せる押し寿司が登場した。それが近世の江戸で、にぎり寿司に姿を変える。さらに今日、世界の各地に旅をして、さまざまな相貌をあらわにしつつある。  さあ、そこで......。現代世界では、海外の日本料理店が一六万軒たらずに数を増やした。それらの料理店で日本料理、つまり和食は、どんな変化を体験しつつあるのか。 この特集では11か国々を選んで「世界を旅する和食の今」を訪ねてみる。

お問い合わせ : 味の素食の文化センター Tel 03-5488-7318

バックナンバー

PAGE
TOP