理事長ごあいさつ

味の素食の文化センターは、1989年に食文化に関する研究支援と普及・啓発を目的に味の素食の文化センターが設立されました。以来、食文化研究者や食文化に関心のある方向けに複数の事業を継続して行っています。その後、2013年に公益財団法人となりました。
当財団では、過去の食文化を知るために、食に関する資料として、図書館に所蔵されている食に関連する40,000冊以上の書籍以外に、食に関連する200点以上の錦絵や300点以上の古典籍(江戸期以前の書籍)を所有しています。これらは、写真資料の無かった過去の食文化を知る貴重な資料となっています。
当財団は、今後も事業の深化を図り、食文化の発展を通じて、人々の豊かで健康な食生活の形成向上に貢献したいと願っております。皆様の温かいご理解とご支援をお願い申し上げます。

理事長 伊藤雅俊