食道楽

月刊 食道楽 七月号(第二年第七号)

1937年(昭和12年)

食道楽第二年第七号目次
表紙 切子 林悌三
口絵 堺の夜市
ふつき 白雲庵主人 一
祭鮨 福山順一 二
すしと汁粉と蕎麦 鶯亭金升 六
水を語る 林春隆 三二
蕎麦稿 正津喨三 一六
大食の乱 永見徳太郎 一二
味覚の創造 小林完 九
料理を呼物看板 篠田鉱造 四〇
再び大阪の飲食街 的場多三郎 二八
花街の伝説を訪ねて(吉原若紫塚の由来) 加藤藤吉 二四
久方に 食満南北 二一
これ得、これ失 檗門外史 四五
魚川岸買出し帳 中川愛氷 五六
酒味と趣味 宗田桂堂 二二
家庭料理と栄養料理 服部道政 五四
酒ありて楽し 中野江漢 六四
女は楡し 小松海作 五〇
青春は蝕む 藤井穀三 三六
酒経(八) 大原外光 四六
鱧五品考 平島義雄 三五
上戸と下戸 島田勝吉 六七
香料の話 甘利伊代次郎 五八
美味太平記 大沢休象 五八
人を食つた話 紫池棲生 六〇
武歳野の小さな町 添田さつき 六二
閲魔舌の力持 安藤徳器 四二
おきアせ通信 加藤博 五三
編集後記 坂本陽 六八