雑誌 『vesta』(ヴェスタ)

お問い合わせ :
味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

メルマガ会員限定
vestaバックナンバー

vesta 117号

食を「包む」

2020.01.11
特集アドバイザー 藤本憲一(武庫川女子大学教授)

 食べることと、包むことは密接に結びついている。たとえば、餃子に春巻、ロールキャベツにオムライス、お稲荷さんに海苔巻き。毎日の食生活を見回すだけでも、和洋中エスニックともに、包む料理は数多く存在する。 包むのは、料理だけではない。食をめぐっては、何重にも包んで運び、包んで贈る文化や習慣がある。老舗の和菓子なら、ひとつひとつラッピングし、その個包装をまとめて美しい化粧箱に並べ入れた上で、さらに包装紙で包み、ひもを十字にかけて手提げ袋風呂敷に入れて、ようやく先様に届ける用意が整う。 食を包むラッピングやパッケージの文化は清潔で機能的、美しく目を楽しませるが、つねに過剰包装のリスクと、隣り合わせてもいる。 今号では、食のウチソト、食の周辺における「包む」文化の現在を見つめつつ、その可能性と問題点について、取り上げていきたい。

<特集>
Ⅰ 日本の「包む」文化
1.「包む」文化があらわす日本の心 (インタビュー)ロバート キャンベル
2.包まれた食べ物の歴史―古代日本を中心として/小倉慈司
3.現代の「包む」に挑む (インタビュー)緒方慎一郎
Ⅱ 包んでつくる、食べる
1.日本料理を包む/高橋拓児
2.パテから見たフランス料理の「包む」/山内秀文
3.中国の餃子/于亜
4.米を包む/阿良田麻里子
5.包まれた食べ物の話―グレートジャーニー編/関野吉晴
Ⅲ 「包む」と食の進化
1.包装技術の発展と食生活の変容/住本充弘
2.野菜を包む/石川豊
3.社会変化に対応するコンビニ食の「包む力」/吉岡秀子
多葉体論―食の重層的媒体(メディア)と「包む」美学
<連載>
遠くなった昭和の食卓(第2回)「流行のレシピ」/阿古真理
食情報の考現学(第3回)「『気がかりの人類史』から高血圧対策の食情報へ」/髙田公理
大食軒酩酊の食文化(第47回)「もう一皿」/石毛直道
食の時代考証(第3回)「食の明治維新」/青木直己
食でひもとく浮世絵の楽しみ(第7回)/林 綾野
文献紹介 アナ・チン著 赤嶺淳訳『マツタケ―不確定な時代を生きる術』/山田仁史
PAGE
TOP