食道楽

月刊 食道楽 九月号(第四年第九号)

1939年(昭和14年)

食道楽九月号目次
表紙絵 要樹平
自習 白雲庵主人 一
草鳥舎漫筆 本山荻舟 二
近頃白雲庵放談 林春隆 六
忘れられたる郷土名物 佐藤紅霞 一一
まむしの話 山口亀之助 一四
天ぷらの語源 青柳有美 二四
支那の食味 清水桂一 一八
薬効ある九月の果物 三五
台所必携帳 T・C・Y 二〇
けんとん談義 高橋弘之 四八
砂糖の話 藤井暸一 二二
現代の割烹教育はこれでよいのか 的場多三郎 八
美味に就いての近考の愚考 田中茂穂 二八
人魚の味 宮武辰夫 四〇
青春街放談 帆形呂久郎 二四
関西吟遊記 湯朝竹山人 五八
三都奥様風景 芦田止水 三二
味覚漫談 中里富次郎 三六
五味波古雑記 伊藤晴雨 五二
二老人の会話 戸田運也 五五
鯛の浜むし料理 井川定慶 三〇
長良川とその魚味を偲ぶ 安藤鼎 五八
四国の名菓 岩井藍水 六二
編輯者の言葉 坂本陽 六四