食道楽

月刊 食道楽 十二月号(第三年第十二号)

1938年(昭和13年)

食道楽第三年拾二月号目次
表紙 大根 要樹平
写真 奇魚
煤掃 白雲庵主人 一
日本茶道・酒道(三) 本山荻舟 二
出征の三種の組肴について 江馬務 六
盛り塩は何故するか 牛尻子 五二
運の良くなる食べもの 樫田十次郎 九
牛食史考 高橋弘之 二四
牧場の牡蠣 佐藤紅霞 一六
風流荻箸縁起 東山三吉 四九
戦線料理のことなど 福山順一 二〇
忠治食道楽 大谷竹雄 三六
レセプション見学 三宅孤軒 六〇
としのくだ 林春隆 一四
入歯の譜 大江素天 一〇
味覚の今昔 小泉迂外 五四
聴雨荘雑記 小野金次郎 四〇
近代風俗年表(一二) 加藤藤吉 二八
忍術を使ふ魚介の話 大沢休象 三三
東京食味だより 戸田運也 二〇
神戸歓楽街細見 湊鶯生 五六
献立のほこりたたき 岩井藍水 四四
口嗜小史 清水桂一 二七
奇魚針千本河豚と白小判魚 小泉国次郎 五二
鯨肉 高原護郎 五六
河豚奇談 大川待夜 四六
編集者の言葉 坂本陽 六四