食道楽

月刊 食道楽 第一巻第七号

1905年(明治38年)

月刊食道楽第七号目次
◎書生の食道楽(石版色摺)
◎生間正起氏(写真版)
◎勝祝ひ(写真版)
◎米飯と水の分量 福田芳峰
◎台所暦 久保田米僊
◎食物と胃腸 中西医学博士
◎困食録 田村千歳
◎浜町ときはの料理 川尻清潭
◎絵葉書(写真版)
◎朝鮮人の食事 鈴木春浦
◎京都北野名物集(写真版)
◎妙なうまい物案内 清九郎
◎料理屋印譜 ▲八百善▲平清
◎浪速より 園部紫嬌
◎食物に於ける今昔 福原雨六
◎食味雑話 錦隣子
◎食道楽より見たる箱根塔の沢 食助
◎此頃の御馳走 秋穂教授所
◎季節料理 赤堀峰吉
◎朝鮮に於ける日本人の食物 石六
◎食堂に食事する心得
◎若手俳優と食物 △市川高麗蔵△市村羽左衛門△沢村訥升△高橋莚升
◎見聞俚歌集(四)
◎支那料理(三)
◎露伴氏と酒の下物
◎図書館の料理書
◎東海道線汽車の弁当
◎牛飲馬食の視莚
◎食物と音声
◎前号写真版解説
◎台所心得の歌
◎十一月の料理暦
◎食道楽の合巻
◎掴み料理 玉津環
◎庖丁名家生間正起氏
◎勝祝ひ
◎俳句