食道楽

月刊 食道楽 三月号(第二年第三号)

1937年(昭和12年)

食道楽第二年三月号
表紙 貝 林悌三
絵写真口汐干狩・食道楽会
汐干狩 白雲庵主人 一
食通と探偵 甲賀三郎 二
味覚随想 五感料理 山田一夫 六
味 蘆田止水 八
青舌漫語 林松雄 一〇
汐干狩を語る 阿部吉助 三二
明治の汐干狩 鶯亭金升 二九
汐干狩案内 三二
蛤の話 林春隆 二六
江戸の仇を長崎でとる 毎熊米次 一四
蛤五品考 平島義雄 五四
天婦羅漫談 渡辺徳之治 四〇
酒経 大原外光 五〇
俳句に現れた食味 宗田桂堂 一二
営養料理を訐く 小林完 三六
音で味ふ 千葉利江 五六
おきやアせ通信 加藤博 三五
味覚京浜版 四八
日本料理本道(第六章西洋料理検討) 本山荻舟 六〇
住吉の小集楽に就て 梅村忠次郎 五八
古代の食物と宴会 甘利伊代次郎 五六
食味街展望 新開地幅原界隈 藤井殻三 四〇
銀座界隈女優の店 湯川淑夫 四四
御贔負銀座手帖 西村酔香 四六
名古屋食道楽会記 五五
編集後記 六四