食道楽

月刊 食道楽 十二月号(第二巻第十二号)

1928年(昭和3年)

食道楽十二月号「よろづ道楽の巻」目次(第二巻第十二号)
□表紙 須磨対水
□口絵写真 食道楽会
△芸者と女優
△雪の夜
□私の道楽(扉) 江見水蔭 (一)
口腹自伝 平山蘆江 (二)
うなぎ茶漬 宮川曼魚 (二二)
どぢやうと牛どん 井東憲 (一九)
よろづ道楽集 □道楽を失つた男 水谷竹紫 (六一)
小酒井不木 楠田敏郎 白石実三 畑耕一 三田村鳶魚 萩原恭次郎 土岐善磨 水木京太 津村京村 額田六福 生田蝶介 細田源吉 平木二六 生方敏郎 浅野梨郷 宮地嘉六 小川未明 南木萍水 サトウ・ハチロー 安成二郎 木谷蓬吟 萩原朔太郎 矢嶋歓一 角田竹夫 長谷川伸 沖野岩三郎 井上康文 矢代東村 竹内大三位 野口雨情 坪内士行 今中楓渓 森下岩太郎 西村陽吉 宮崎丈二 国枝史郎 甲賀三郎 多田不二 神戸雄一 小島政二郎 服部嘉幸 福士幸次郎 蘆田止水 浅原六朗 河野慎吾 緒方漠々 食満南北 岡麓 高安吸江 大木篤夫 高須芳次郎 馬場孤蝶 (順序不同) (五〇)
□あり過ぎる道楽 平山蘆江 (六〇)
食道楽 △△△ (二八)
□舞台の酒党 藤井殻三 (三六)
道頓堀病患者 乾定二郎 (六八)
雲南省の女 安藤盛 (四八)
□自由席より 石井盗泉 (三九)
□かふえ・なんせんす とよふく・ゆたか (七三)
わが家の料理(五) 本山荻舟 (七)
食品趣味講座鮭 小野寺如舟 (一〇)
□雪国の炬燵酒 竹内大三位 (二四)
□盲の垣覗き 小島政二郎 (一八)
□黄檗山下より(六) 林春隆 (五)
食通漫語 糠味噌の味噌 蘆田止水 (三四)
舌根三寸の雑感 須磨対水 (四一)
野菜の趣味 白雲庵主人 (三〇)
京の四季食道楽名所図会 安藤十九成 (三六)
映画俳優どろん列伝 丘町草之助 (六八)
食味巡礼 □京浜食堂めぐり 近藤蕉雨 (六〇)
□銀ぶら食道楽 吉村栄吉 (一〇)
臨時食道楽会記 Y・T記者 (六六)
□料亭紹介 (六二)
笑話 (四七)
社告 (三五)
編輯を終へて (八八)
□読者便り (八七)
食道楽会予告 (八七)
新刊紹介 (三三)
人生五十の恋 松崎天民 (七七)