食道楽

月刊 食道楽 十月号(第五年第十号)

1931年(昭和6年)

食道楽十月号目次第五年第十号
成吉思汗料理の話 中野江漢 (二)
旅と食味 甘いが閉口・舌行脚 近藤飴ン坊 (一〇)
新東京印象記 福良竹亭 (二九)
志摩の旅新秋味覚 冬野一草 (二二)
十月の味を語る 福山順一 (二六)
釣の話 海鰻と鯔の好季節 山本勇夫 (一四)
素人釣魚閑談 山野林 (八〇)
はなしを食ふ話 林春隆 (三二)
東京食物三十六ヶ品 高岸拓川 (五〇)
食味よもやま話 神山騒人 (六八)
食べ物屋評判記 鰻談漫語 伊藤忍々洞 (一八)
芋棒を食ふ 川島金五郎 (三六)
浅草おでん屋巡礼 石角春之助 (五二)
道頓堀の洋食と新世界の支那料理 浪花与太郎 (五六)
狩猟家よ食べたか 山岡隆 (六六)
食道楽漫談会 秋色鬼怒川温泉 萩原井泉水 平山蘆江 細木原青起 宇佐美不喚楼 甲賀三郎 近藤周吉 本山荻舟 松崎天民 (一〇六)
草盧吟 伊藤忍々洞 (八八)
ある抗議 独尊料理の弁 本山荻舟 (五八)
腎臓病同情食道楽会(誌上献立) 小林完 (一〇四)
文士副業紹介所 XYZ (六〇)
食道楽野球戦 千田富士哉 (八二)
モダン州崎見物記 栗林雀平 (七九)
新宿の散歩 ABC (九〇)
花街の伝説を訪ねて 加藤藤吉 (九一)
メモの一二枚 永見徳太郎 (四八)
寄席漫談 蝶花楼馬楽 (八二)
天民屋台の頃 桂文都 (八四)
当世銀座放談 吉井勇 柳家三太楼 戸田運也 田島一朗 清水一郎 片桐千春 宮島貞丈 松崎天民 (七〇)
魚河岸のインチキ 小肌此四郎 (九六)
泥棒芝居 本間一咲 (一〇〇)
落語記亡びつつある 須藤普太郎 (八八)
エロと食味湘南風景 添田さつき (六〇)
銀座附近珈琲採点表 O・P・Q (六九)
道頓堀界隈 おめが生 (三八)
梨の話 北原秋風 (五〇)
ユーモラス・ルーム (五六)
巻頭無題 松崎天民 (一)
編輯者の言葉 松崎天民 (一三〇)
秋!! (秋の随想) 諸家回答 (三八)