公共財団法人 味の素食の文化センター

錦絵ギャラリーについて

江戸時代の食文化を知る

錦絵は、江戸時代中期(1756/明和2年ごろ)に始まった多色刷りの木版画で、当時の風俗をよく表しています。書物からだけでは読み取れない情景を、その時代の錦絵と見比べることにより、新たな発見や理解につながることもあります。この錦絵ギャラリーでは、食文化に関わる財団所蔵の錦絵の画像と解説を掲載しています。ご利用に際しては、下記をご参照ください。

錦絵画像をご利用になりたい方

錦絵のご利用は、基本的にデータの貸出という形で行っております。(撮影はお断りしております。)ご利用目的により、無料/有料となり、有料使用に該当する場合(出版・TV、展示、web、他)は申請が必要になります。

  • 基本料金:1作品につき、5千円(税込)