料理の友

料理の友 第三十一巻 第六号

1943年(昭和18年)

口絵
空襲何ぞ恐るべき
勇士の後を護りませう
武蔵野の草を食ふ会
玄米食普及と運動の重要性...大政翼賛会 伊藤博
食生活近事...本山萩舟
勤労女性の栄養...高木和男
保健婦の随想...坊栄子
母と雑草料理...吉江咲穂
小豆への再認識...福山順一
武蔵野の草を食ふ会...理学博士 牧野富太郎
野草料理献立と調理法...村田兼松
戦時食生活の輪郭づけ...東京府地方栄養技師 桑原丙午生
決戦下の学校調理指導に就て...小石川高等女学校々長 河口愛子
決戦下の馬鈴薯調理...東京市衛生試験所技師 筒井政行
小国民の健康弁当...大日本料理研究会
栄養一皿盛惣菜...内野松子
梅雨時の衛生惣菜...柳原友子
六月のお漬物...井上柳子
水産食糧消費改善に対する要旨...日本提唱能事
高女家事科改正について提案を募る...編輯部
六月の栄養惣菜料理七日間献立
表紙...川辺実
目次意匠...川辺実
扉絵...岡田全平
短歌...清水乙女選
俳句...西脇茅花女選
川柳...寿洛荘鞍馬選
PAGE
TOP