料理の友

料理の友 第十九巻 第四号

1931年(昭和6年)

食堂漫談
酒漫談...住江金之
酒客の好む酒の肴...諸名士
大阪名物料理試食記ー美味第一の「法善寺つる源」風流料理の巻ー...山陽学堂
料理記事
台所暦
天長節を祝ふ晩餐会(口絵彩色版参照)...料理研究会
開校記念日に祝賀午餐会(口絵彩色版参照)...早川昌一
入学を祝ふ洋食献立...倉田あさ子
花見頃に同僚を招いて賑やかな宴(口絵写真版参照)...料理研究会
一本添へてお花見の弁当(口絵写真版参照)...料理研究会
泊り客に三日間の献立...佐伯雅子
家族打つれ野辺に開く楽しいお弁当...清水千代子
庭前の花を肴に友と酌む酒肴...土田かほる
花吹雪の庭に小供の園遊会...島村洋子
新家庭に重宝な客向料理...高橋寅松
郊外の宅へ訪れし客に即席献立...波川妙子
二十銭で三品の酒肴献立(口絵写真版参照)...料理研究会
季節の材料で西洋一品料理...料理研究会
生魚なしの客向山家料理...松村よし子
到来の筍で楽しいお夕飯...井上康子
すずめ鮨と笹巻き鮨...料理研究会
子供の喜ぶランチいろいろ...中島好子
坊やの遠足にサンドヴィッチと海苔巻...三木信子
小笠原蟹...八狸庵 平島義雄
毎夜の晩酌に季節のお肴
汐干土産の貝料理
桜鯛の美味料理
木の芽和と木の芽田楽
桜海老の美味しいお惣菜
さっぱりしたぬた三種
この頃のお惣菜
若芽、若草春のお料理
安価惣菜
賄費研究
家族五人、六十銭宛の買物で毎日のお惣菜(十日間)
お恰好な酒の肴
五銭以下結構なお惣菜
十銭以下の肉料理
替り御飯とお露物
四月の毎夕献立一ヶ月
陽春のお漬物...堀内雄三
菓子
焼板で出来るお菓子 どら焼、磯焼、金つば(口絵グラビヤ版)
花見だんご
衛生料理
ビタミンを含む食物と其調理法...瀬川敏子
カルシュームの多いひじき、荒布、若布の料理
料理問答
主婦の常識
母の叫びー家庭教育振興母の会大会に列席してー...毛利秀子
学校を出て職を得られぬ人々へ...いづみ
漫画漫文「いかが?」...杉田三太郎
九星より観たる各人四月の運勢...田畑大有
切干大根の生理作用...農学士 井上正賀
眼病者と「毒断ち」の注意...ドクトル 鈴木輝世
誰でも美人になれる肉質隆鼻の話...ドクトル 林熊男
春の野趣 若芽の美味...新井誠夫
陽春の野辺をたづねて食べられる野草の種類...農学士 堀内雄三
花見頃の美容心得...吉田不二
塩に感謝いたしませう...元島英三
手芸
春先軽快な男女児服とエプロン...鐘江義子
素敵な図案のテーブル掛...平井由香子
表紙と口絵
表紙...設楽不二雄
天長節を祝ふ晩餐会
開校記念日に祝賀午餐会
花見頃に同僚を招いて賑やかな宴
一本添へてお花見お弁当
二十銭で三品の酒肴献立
春の洋室にふさはしい蘭の盛花
焼板で出来るお菓子ーどら焼、磯焼、金つばー
春先軽快な男女児服とエプロン
文芸
(短編)偶然...水仙子
俳句私言...又仙子
(探偵小説)荒野の秘密...甲賀三郎(亀井実画)
今様膝栗毛...なづな
いいこと聞いた
読者の声
PAGE
TOP