料理の友

料理の友 第十七巻 第十号

1929年(昭和4年)

表紙と口絵
表紙...設楽不二雄
お宮詣りの内祝ひ
転任の友を送る晩餐会
緑山流の投入盛花
郊外の秋
初秋手芸
食道漫談
秋の珍味...赤城六郎
馬鹿にならないおさつの滋養と料理...食山人
何故郷土を誇らぬか...福原雨六
お国自慢の珍料理...周東学人
-全国各地の名物料理-
仏蘭西料理ホルドーヴルの話...吉光生
料理欄
神無月暦
お宮詣りの内祝(彩色版参照)...料理研究会
酒客の喜ぶお肴八種...村井政善
景気を盛り返す夷講料理...三木信子
転任の友を送る晩餐会(写真版参照)...原田重男
菊のさかりに喜の字の賀筵...料理研究会
秋の夜を歌ふ家庭音楽会...料理研究会
珍味松茸料理...土田かほる
秋鯖の真味 〆鯖、鯖寿司、船揚汁...清水千代
新栗の風味 三種
一人前三十銭で美事な土曜日の晩餐...野村やす子
お夕飯に支那料理三品...柴淑子
旅からの帰りを待つ晩酌料理...倉田あさ
三十分で出来る夕食のお支度...早見時子
お弁当のいろいろ
△坊やの運動会のお弁当...村岡孝子
△家族連のピクニックの御用意...佐伯雅子
△秋色探賞通人のお弁当...井上涼子
△旅立つ人へ心を籠めた折詰...松村よし子
△お勧め人向日々のお弁当...大町とく子
吾子の帰朝...なづな
料理欄
鰯とも思はれぬ鰯料理
生鮭生鱒の惣菜料理
季節向上品な惣菜料理
風変りな甘藷料理
十銭前後のお惣菜
一皿五銭の農村料理
主婦の重宝夕餉献立十二例
十月一週間献立
この月の漬物
焼売雲呑の出来る迄
家庭パンのこころみ
栄養増進を考慮した三食献立
病人食餌としての野菜料理
病人に進めるお菓子
栗のお菓子 子持ち栗 栗鹿の子 里みやげ
問答欄
いいこと聞いた
偉人の父・英傑の母...元島英三
中流家庭の子女の結婚費に就いて...塚本ハマ子 久野とし子
中流生活者は子女の教育費を如何に準備すべきか(世帯の研究懸賞募集)
松茸狩とその案内...横田晶子
九星より観たる各人十月の運勢...田畑大有
胃腸に良い珈琲の用い方...山崎漢
オリーブ油の話...新井誠夫
砂糖の栄養価と其用法...鈴木清
斯うすれば婦人血の道は必ず癒る...市川泰亮
米と麦との栄養上から見た相違...宮川米次
実際欄
秋植球根草花の作り方...野崎信夫
初秋の女児用オーヴァー...平井由香子
赤ちゃんのお洋服...久子
都腰巻を利用したおむつカバー...久子
文芸欄
卵の中から生まれた人間(童話)ー芋の珍料理ー...春浦
青物諧謔(十)ー珍談笑話の巻ー...六呂木太郎
恋愛進行曲...中村武羅夫(寺島紫明画)
俳句私言...又仙子
読者の声
PAGE
TOP