料理の友

料理の友 第十三巻 第七号

1925年(大正14年)

口絵
床しい七夕祭りの御馳走
手軽で気の利いたビールのお肴
清涼
野菜やうどんを其まま模様化して出来る面白い染物
避暑地で挿される自由と趣味の盛花投入
野趣あるクッションと廃物利用の草履
料理に関する趣味
味の力...農学士 井上正賀
栄養上から見た魚肉と獣肉...農学士 TA生
饂飩の由来...綾小路博文
料理研究欄
此の月の料理について
七月の台所暦
床しい七夕祭りの御馳走(口絵参照)...大日本料理研究会
涼しさうな洋食献立...大日本料理研究会
手取りの川魚で粋な酒肴料理...村井政善
お刺身替りにおいしい酢の物いろいろ...立花百合子
不意の客にあっさりした昼餐献立...大日本料理研究会
手軽で気の利いたビールのお肴(口絵参照)...小林収之
色美しい茄子と胡瓜のお料理...大町とく子
滋養美味スッポン料理... 大日本料理研究会
御霊を祭る精進料理... 赤堀峯吉
凉味たっぷりなあらひの作り方... 佐久良
すっきりした夏向西洋一品料理... 田川琴子
夏向き鶏肉牛肉のすだき... 磯原染子
涼味あふるる家庭晩餐...大日本料理研究会
機械なしで出来るアイスクリームとミルクセーキ... K子
雨後の涼風を浴びつつ乙な晩酌料理...大日本料理研究会
暑さを忘るる冷豆腐... をがは
美味しい水菓子の食べ方... 琴子
土用の丑の日に素人にも出来る蒲焼と鰻丼... 利根藍子
久々に家族打寄って楽しい夕飯の御馳走... 葉月
珍しい南瓜料理... 夏子
重宝な缶詰料理... 城和子
朝飯代りに簡単な焼きパン蒸パンの拵へ方... 富田磯子
楽しく頂かれる毎日のお献立... 武田澄子
新しく試みた自慢の替り御飯... 大日本料理研究会
食欲をそそる朝の副食物... まり子
季節向きのお惣菜いろいろ... 花岡須磨子
夏草茂る庭で涼しいお茶の会... 美紗子
容易く出来るゼリーのいろいろ... 波奈子
胸のすく夏の飲み物... T子
気の利いたビールのつまみもの...
子供も大人も喜ぶブランマンジの拵方・みどり
残り御飯の利用法
七月のお漬物... 厚木きみ子
料理問答
家庭欄
修養
芸術による人格向上と墜落と...石原純
大自然に学べ...渡邊英一
誘惑多き世に処する若き婦人へ...吉岡松子
趣味
夏と読書の趣味...高須芳次郎
天の川と七夕星...高辻義胤
宮島と錦帯橋への旅...柳川文祥
化学と衛生
夏の飲み物の戸籍調べ...薬学士 森田文
鰻の一生...農学士 初鳥生
建築材と樹種...林学士 RМ生
汗多すぎる人の間に...医学博士 二木謙三
小児の疾患中最も恐る可き消化不良症に就て...桜楓会児童健康相談所医学博士 島信
海水浴の効果...医学士 樫田 十次郎
実際
野菜やうどんを其まま模様化して出来る面白い染物...上坂りう
避暑地で挿される自由と趣味の盛花投入...安達潮花
合理的日焼けの予防...藤岡隆
野趣あるクッションと廃物利用の草履
文芸
眠り王子(創作童話)...春浦
頼家の面(家庭講談)...元島英三
読者文芸
歌河露江(小説) ...高山菊次郎
読者の声
PAGE
TOP