料理の友

料理の友 第十三巻 第一号

1925年(大正14年)

口絵
初春に趣向した家庭向重詰料理
初春を祝ふ家庭晩餐会の催し
草に親しむ牛
春の七草
晴衣の着方
上品な春向きの髪の結び方
お正月の生花
懇親のお集りに興豊かな晩餐会
簡単で可愛いスヱーターと毛糸のクッション
趣味豊かな御婦人向日本料理
趣味
新春の辞...文學博士 笹川臨風
大正四年を迎へて
丑蔵に因み牛に就ての興味ある話...柳川文吉
丑と牛...深山是空
正月の娯楽...武島羽衣
七草粥の由來...羽衣
結婚奇談...高須芳次郎
料理趣味
縁起を祝ふ正月の食品...農学士 井上正賀
魚肉の中毒につて...帝国大学助教授 田中茂穂
昆布の話...山下武雄
料理研究欄
此の月の料理について
正月の台所暦
初春に趣向した家庭向重詰料理(口絵参照)...大日本料理研究会
正月儀式料理
なくてはならぬ三ヶ日のお煮〆...富田磯子
懇親のお集りに興豊かな晩餐会(口絵写真参照)...大日本料理研究会
いろとりどりの御節の御膾...まり子
謠曲に因んだ自慢の酒肴料理...大日本料理研究会
手軽で文化的な新年会献立...村井政善
初春を祝ふ家庭晩餐会の催し(口絵参照)...大日本料理研究会
七草粥と小豆粥の拵へ方
お汁粉のいろいろ
年賀の客をもてなす気の利いた酒肴料理...葉月
会費一円卅銭で奇抜な洋食献立...小林収之
重宝なお正月の早吸い物...大日本料理研究会
おめでたい昆布料理いろいろ
手軽で奇抜な歌留多会のおもてなし...佐久良
不意の来客に即席西洋料理...大日本料理研究会
趣味豊かな御婦人向日本料理(口絵参照)...赤堀峰吉
正月の御慰みに手軽な洋菓子...K子
初春に風雅な茶懐石のおもてなし...田中仙樵
各地方のお雑煮いろいろ
即座に間に合ふ西洋一品料理...大日本料理研究会
さっぱりした押鮨と握り鮨
お恰好に出来る温かいお惣菜...磯原染子
何時でも役立つ肉とお魚の貯へ方...大町とく子
初春の宵乙な晩酌料理...藤島香久子
到来の鴨で客向西洋料理...立花百合子
下戸党向温かい飲物いろいろ...M子
仕事始めに目出度い鯛料理...をがは
一皿八円前後で毎日のお惣菜...田川琴子
家庭で出来る正月用日本菓子
正月用一週間献立...武田澄子
御餅で出来る美味しい西洋料理...大日本料理研究会
新春の気溢るる客向日本料理...大日本料理研究会
滋養豊かな温かい支那料理...木村利根子
正月のお漬物...厚木きみ子
修養
家庭生活と文化...文学博士 深作安文
少年少女の読物と精神的感化...成蹊小学校主事 小瀬松次郎
お子さん方と活動写真...水谷式夫
衛生
冬の病気の看護法...医学博士 竹内薫兵
血液の其の循環の話...慶應医科大学生理学教室医学博士 内村良二
凍傷の予防法と手当...幽葉子
実際
晴着の着方と上品な春向の髪の結び方...吉田不二
変った鶴の折り方十種...白井その子
お正月の生花...大日本華道教育協会副会長 理学士 松島種美
簡単で可愛いスヱーターの編み方(八、九歳女児用)...O子
毛糸のクッション...田村彰子
文芸
(童話)二つの魂...本島英三
(童話)不思議な牝牛...山本敏樹
(子供芝居)おしゃれの兎...芝佳吉
(和歌)新年の歌...敏樹
(家庭講談)富樫の娘...HМ
(探偵悲劇)母親の愛...花房白澄
(小説)燕は帰る...長田幹彦
笑ひの研究
PAGE
TOP