料理の友

料理の友 第十巻 第六号

1922年(大正11年)

口絵
手軽に出来る昼餐向西洋料理
新緑の庭を背景に瀟酒な日本料理
地久節に趣向を凝らした家庭晩餐の御馳走
翠渓
 
通貨の資本化に対する主婦の責任…法学博士 天野為之
愛の闇に理知の火を灯せ…寺田精一
新時代の料理法は如何に改善すべきか…医学士 樫田十次郎
現在に動く子供の心…沼田笠峰
新聞を家庭に適用せんには…米国文学博士 東郷昌武
文化的に向上進歩せしむべき日常食…小野辰次郎
先づ根本的に肉体美を作れ…十文字大元
哲学的考察としての外米利用について…藤島愛泉
諸名家の嗜好食物と独特の珍味
此の月の料理に就いて
 
新緑の庭を背景に瀟酒な日本料理…大日本料理研究会
手軽に出来る昼餐向西洋料理…大日本料理研究会
御婦人向雅趣ある会席料理…小町かほる
鮭の缶詰で出来る気の利いたお料理…陸軍歩兵中尉 金子竹松
水無月に相応しい日本料理の御馳走…村井政善
味のよい泥鰌鍋と泥鰌汁の拵へ方…香久子
新野菜利用の西洋一品料理…花岡須磨子
新緑の佳肴初鰹の珍料理…大日本料理研究会
惣菜向滋養ある支那料理…斎田綸子
温泉めぐり
手取の鮎で乙な酒肴料理…大日本料理研究会
地久節に趣向を凝らした家庭晩餐の御馳走…大日本料理研究会
季節の材料で安価惣菜料理…よし江
あっさりしたお浸しとお酢の物…利根藍子
梅雨時にも安心の出来る毎日の御弁当(六日分)…はつき
美味しい苺料理…はな子
家庭で出来る上品な生菓子…すきや鍋 松風軒主人
六月のお漬物…厚木きみ子
料理辞典
衛生的経済的賓用向きの台所案…長谷川建築事務所 三浦元秀
長編小説女の夢…真山青果
七月号予告
PAGE
TOP