料理の友

料理の友 第十巻 第一号

1922年(大正11年)

口絵
勅題に因んだ家庭料理的重詰料理
御婦人向親睦会のお献立
本会独特の洋食重詰献立
珍趣向を凝らした新年宴会の献立
優しきつとひ
追ひ羽子
 
新春の劈頭に立ちて…中村富美子夫人
国民生活に及ぼす米価の将来…農学博士 稲垣乙丙
黄金の価値と人格の光…文学士 寺田精一
飲食物の浪費…東京教育博物総長 棚橋源太郎
江戸の料理…戸川残花
新春と世帯の持ち方…米国文学博士 東郷昌武
正月の料理に就て
正月の台所暦
 
勅題に因んだ家庭料理的重詰料理…大日本料理研究会
温かい惣菜料理…立花百合子
三ヶ日になくてはならぬおにしめとお膾いろいろ…花岡須磨子
御婦人向親睦会のお献立…大日本料理研究会
本会独特の洋食重詰献立…大日本料理研究会
鴨一羽を利用した客膳献立…大日本料理研究会
重宝な肉と魚の貯へ方…大町とく子
不意の客に気の利いた西洋一品料理…大日本料理研究会
珍趣向を凝らした新年宴会献立…赤堀峰吉
素人にも出来る洋菓子いろいろ…春山みどり
さつぱりとした押しずしと握りずし…紫苑
美味しく上品な餅の食べ方…田川琴子
初春の気分豊かな家庭晩餐の御馳走…大日本料理研究会
勅題に因んだ重賓な早吸物…大日本料理研究会
奇抜なかるた会のもてなし振…あけぼの
下戸黨温かい飲物…村井政善
時節向温かい支那料理…武田澄子
勅題に因んだ生菓子干菓子…松風軒 浅野兼吉
正月の漬物…厚木きみ子
懸賞料理発表
上海のお正月…田村なか
衣食住と昆虫…磯村純一
火あぶりにした七面鳥料理
料理問答
二月号予告
PAGE
TOP