料理の友

料理の友 第九巻 第六号

1921年(大正10年)

口絵
夏花の美しき庭園に立食の饗応
若葉薫る離れ座敷で粋な東京料理
雅趣ある京都料理
さっぱりとした大坂寿司
紐育のテーガーデン
亞弗利加の猛獣狩
 
新婦人の発足点は此処から…代議士 永井柳太郎
家庭と学校教育との連絡を望む…成女高等女学校長 宮田修
徳川時代大名が招客の献立…子爵 石黒忠直
結婚の様式改善に就いて…三輪田元道
夏の衛生から食欲増進へ…医学博士 二木謙三
此月の料理に就いて
六月の台所歴 
 
夏花美しき庭園に 立食の饗応…大日本料理研究会
新馬鈴薯の料理いろいろ…春山みどり
川狩の御土産で鮎の珍料理…田川琴子
若葉薫る離れ座敷で 粋な東京料理…赤堀峰吉
地久節の佳辰を祝ふて 晩餐の御馳走 大日本料理研究会
新緑の気分を味ふ初松魚料理…大日本料理研究会
雅趣ある京都料理(口絵参照)…村井政善
さっぱりとした大坂寿司(口絵参照)…大日本料理研究会
初夏に相応しい衛生料理…大町とく子
新帰朝者を招いで瀟洒な日本料理…大日本料理研究会
滋養豊富な新案御弁当(数種)…富田磯子
一人前八十銭 奇抜な西洋料理…大日本料理研究会
病人向の軟菜料理…宇山禄子
紅茶珈琲の美味しい入れ方
苺のパイとショートケーク
食欲を増す初夏の一週間献立…武田澄子
新豆類で惣菜料理…柴田楽子
 
家庭で出来る上品な日本菓子…松風軒 浅野兼吉
六月の漬物…磯原染子
気づいた事ども
読者の声
料理問答
七月号予告
PAGE
TOP