料理の友

料理の友 第八巻 第一号

1920年(大正9年)

口絵
重詰料理
酒客向献立
新趣向の新年宴会
鳥一羽の洒落た献立
洋風茶話会の趣向
猿まはし
樺太大泊港に於ける氷山に取り囲まれたる商船と、犬橇
 
本邦食物変遷の概要…文学博士 志賀重昂
頼三陽の母…文学士 大町桂月
露仏の台所物語り…大泉黒石
禁酒を実行してからの経験と希望…内務書記官 田子一民
澱粉の発生について… 理、薬学博士、ドリトル 長井長義
木炭の火と其熱の利用…女高師教授 近藤耕蔵
正月の料理について
正月の台所暦
 
勅題重詰料理…大日本料理研究会
有合わせの材料で酒客向け乙な献立…赤堀峯吉
到来の鳥一羽で洒落た四品の献立… 富田磯子
田家の早梅に因んだ即席吸い物と早雑煮…春山みどり
新趣向新年宴会の献立…村井政善
趣味ある洋食献立…大日本料理研究会
ご婦人向気の利いた即席料理…柴田楽子
簡易で趣味ある歌留多会のもてなし…中村なか
時代に相応しい洋風茶話会の趣向…大日本料理研究会
客用にもなる味よい塩鮭料理…田川琴子
三ヶ日に無くてはならぬ「おせち」「お膾」に煮物いろいろ…大日本料理研究会
甘鯛の西京漬と肉の風味漬…立花ゆり子
手軽に出来る握り鮨と蒸し鮨…大町とく子
温いお惣菜のいろいろ…大日本料理研究会
一週間の惣菜献立…武田澄子
 
勅題に因んだ日本菓子…浅野兼吉
摘まみ菓子に風替りなおこしとドーナツ…大日本料理研究会
経済餅のつき方二種…大日本料理研究会
風替りなおしるこ三種…紫苑
正月用の風味漬物…厚木きみ子
調味料として土や灰を用う…利田生
初夏のわが家
料理問答
読者の声
二月号予告
PAGE
TOP