料理の友

料理之友 第七巻 第十二号

1919年(大正8年)

口絵
七十銭会費の忘年会献立
クリスマスの御馳走
有合せで温い即席料理
師走の客に簡易洋食献立
大原女とシャムの舞妓
滋養に富む気の利いた西洋料理献立と瀟洒なテーブル
 
男女共学の可否…東京女子高等師範学校長 湯原元一
食品理科の話…理学博士、ドクトル 長井長義
生活改善上の諸問題…東京教育博物館長 棚橋源太郎
趣味の温室園芸と婦人…園芸家 野崎信夫
今年の生活を回顧して…三宅安子
花子の料理本…高橋淳子
此月の料理について
十二月の台所暦
 
七十銭会費で見事な忘年会献立…大日本料理研究会
家庭で催すクリスマスの御馳走…大日本料理研究会
有合せで温い即席料理…赤堀峯吉
客向にも結構な秋刀魚料理…柴田楽子
酒肴にも弁当にもよい焼豚の拵へ方…春山みどり
師走の客をもてなす簡易洋食献立…大日本料理研究会
シューマイの拵へ方…中華楼料理人
温い蕎麦粉料理…田村なか
速成イーストパンの製法…大日本料理研究会
温い西洋一品料理…大日本料理研究会
家族団欒温い夕飯献立…田川琴子
むきみ料理のいろいろ…富田磯子
温い丼飯二種…花岡須磨子
一食十銭前後で栄養ある節米献立(七種)…立花ゆり子
一升十五銭滋養豊富な小玉隠元の料理(六種)…大町とく子
初冬の一週間献立…武田澄子
正月号予告
 
手軽に出来る上品な日本菓子…浅野兼吉
十二月の漬物…厚木きみ子
馬鈴薯菓子の研究…鈴木牧子
副業としてのホームスパン…岸武八
料理問答
読者の声
PAGE
TOP