料理の友

料理の友 第七巻 第三号

1919年(大正8年)

口絵
桃の節句の童話
子供の喜ぶ雛祭の御馳走
一人前四十五銭昼餐向西洋料理
豚肉一斤で三品の洋食献立
新趣向を凝らせる雛人形
櫻田夫人の設計になれる台所と洗面所
 
児童の世紀とせよ…理学博士…山内繁雄
料理に用ふる羊肉の価値…獣医学博士 田中宏
必要から改めた私の家…櫻田節彌
東京上水の水路旅行… 理、薬学博士、ドクトル 長井長義
保健に要するマッサージ療法…吉野花子
此の月の料理について
三月の台所暦
 
手軽で美しい桃の節句の重詰…大日本料理研究会
子供の喜ぶ雛祭の御馳走…村井政善
一人前四十五銭で昼餐向西洋料理…大日本料理研究会
御婦人向即席料理…大日本料理研究会
卅銭会費の料理会…柴田楽子
豚肉一斤で三品の洋食献立…大日本料理研究会
御法事向精進料理の献立…勝見新太郎
来客向西洋一品料理…花岡須磨子
惣菜向ライスカレー三種…大町とく子
おいしい卯の花料理いろいろ…田川琴子
登校児の喜ぶ毎日のお弁当…中村なか子
どこの家庭にも迎へられてきた桜肉料理…富田磯子
無米献立六回分…大日本料理研究会
魚のあらで結構なお惣菜のいろいろ…むらい
初春の惣菜一週間分…武田澄子
病人の食物…春山みどり
 
雛壇に供ふる生菓子干菓子…松風軒主人
味のよい栄螺の壷焼…はな子
彼岸の配り物に風雅なお団子…原木きみ子
三月の漬物…まさみ
雑記帳より
料理問答
読者の声
四月号予告
PAGE
TOP