食道楽

月刊 食道楽 六月号(第三年第六号)

1938年(昭和13年)

食道楽第三年六月号目次
表紙 枇杷 要樹平
写真▲疱丁式▲追悼食道楽会
初夏の味 白雲庵主人 一
食味漫談 中野江漢 六
野外と原始と 白鳥省吾 一一
支那料理の再検討期 小林完 一八
涼しい思ひ出の食物 樫田十次郎 二八
地方地方の味 高原護郎 四三
勤人の弁当 高橋邦太郎 一四
日本食養本道 本山荻舟 二
事変と食物 林幸次郎 三一
外人会食篇 山口亀之助 三八
支那料理の思ひ出話 佐藤紅霞 四六
食味寸話 窮極の美味 六甲山人 三八
食味六感 小畔四郎 五四
葛ぶたの記 小野金次郎 五三
さみだれ集 林春隆 (四八)
味覚誘人情点描 塩路吉丁 五八
でんぼと料理屋 平島義雄 三四
近代風俗年表 加藤藤吉 二四
忍術を使ふ魚貝の話 大沢休象 二三
各地食味街 食味神戸あちこち 藤井殻三 四六
四条通り界隈 高瀬昇 一八
東京味覚行脚 戸田運也 二〇
甘党のあちこち 清水芹畝 二二
京都御所と社寺の食物 岩井藍水 五三
魯文の珍鳥亭 篠田鉱造 五六
庖丁式に就て 藤里好古 六二
追悼食道楽会 記者 六二
編集者の言葉 坂本陽 六四