食道楽

月刊 食道楽 新年号(第三年第一号)

1938年(昭和13年)

食道楽第三年正月号目次
表紙 神苑の朝 林悌三
口絵 睨鯛 須磨対水
とらの頭 白雲庵主人 一
魚の話 田中茂穂 六
弁当 長谷川伸 一〇
病後の話 平山芦江 三七
空腹の麦飯 釈瓢斉 二四
私の味覚を語る 相沢有 六〇
味覚断片語 片桐千春 五〇
日本食養本道 本山荻舟 四
桶の家から 林春隆 二〇
虎のいろいろ 岩井藍水 四六
延喜でもない 食満南北 一二
明治の寅と牛の料理 鶯亭金升 五八
東西料理漫談 竹亭主人 一七
昭和料理(インチキ時代) 的場多三郎 二八
食味から見た上方詞 林春隆 四八
酒経 大原外光 一四
昔の吉原の周囲 久松一声 五三
近代風俗年表 加藤藤吉 三〇
長崎の歌いろいろ 永見徳太郎 三四
忍術を使ふ魚貝の話 大沢休象 六八
食道楽座談会 井川定慶 河西善兵衛 大江素天 上川尚 エ・エム・サハイ 本田季麿 森本清 西村貫一 小畔四郎 藤井殻三 松村小琴 坂本陽 七四
河豚の話 平島義雄 四四
動物味覚くらべ 不朽花 五六
戦争と家庭料理 小林完 四〇
劇場と喰物 篠田鉱造 六四
三国防共料理 正岡容 六六
頓珍句抄 敬亭山人 一〇
一月の餅ほしさに 中川愛氷 七二
正月の気分 梅原忠次郎 一二
正月の風変り料理 郡上泰 六八
吉兆即景 高原棠雨 九
編輯後記 九六