食道楽

月刊 食道楽 十一月号(第二年第十一号)

1937年(昭和12年)

食道楽第二年第拾壱号目次
表紙 霜夜 林悌三
写真 新大阪みやげ
待酒 白雲庵主人 一
身に近き事ども 長谷川伸 二
支那の依存 藍田止水 四
時局料理随想 福山順一 一六
棗推茸、瓢児菜 水島爾保布 二〇
武を鳴らすもの 林春隆 七
酒中漫筆 高須芳次郎 一四
一言 伊藤貴麿 一二
くれにげん 岩井藍水 三四
打明け話 井川定慶 五二
商売ざんげ話 敬亭酒客 四六
昔の吉原の周囲 久松一声 二六
忍術を使ふ烏賊の話 大沢休象 四二
菓子之記 坂井宗汲 二八
茸 小松海作 一三
鮓と果物 中川愛氷 四四
ケレー酒と酒税 篠田鉱造 五〇
酒経 大原外光 三六
秋を食ふ 清水芹畝 五四
OYSTER 山口亀之助 五八
料理講座 文化味覚料理断片 佐藤紅霞 二三
甘鯛五品考 平島義雄 三三
惣菜指南 郡上泰 六〇
季節の珍料理 甘利伊代次郎 六三
かわきも 駄茶閑盧人 三〇
新大阪のみやげ品 不朽花 五六
弘法大師御夢告の蒟蒻 東史郎 四二
編集者の言葉 六四