食道楽

月刊 食道楽 九月号(第二年第九号)

1937年(昭和12年)

食道楽第二年第九号目次
表紙 斜陽 林悌三
口絵 新秋 須磨対水
仲秋賦 白雲庵主人 一
撮摂教育論 青柳有美 六
味覚随録 江原釣 八
栄養科学の再検討 小林完 一二
日本料理本道 本山荻舟 二
昔の吉原の周囲 久松一声 一四
忍術を使ふ魚貝の話 大沢休象 二六
食味に関する西国三十三所の伝説 梅原忠次郎 三六
月を味ふ 林春隆 一一
芸馬鹿 御影左大臣 四六
狡童漫筆 丸尾長顕 二二
編集者の言葉 六四
うまいまずい旅の味 小泉迂外 二八
悪酒と安料理 川路柳虹 四四
飲物漫談 佐藤紅霞 五二
味覚行脚 安藤徳器 六二
東京すし屋あちこち T生 一六
インチキ司厨長 敬亭主人 四〇
新聞文献西洋料理の流行 篠田鉱造 五六
感服不感服 戸田運也 六〇
俗ひとり寝 宇治の里人 三二
物の味 平島義雄 一七
メリケン浜料理 山口亀之助 五八
鳥賊五品考 八狸庵主人 三五
ホルモンヂユース 甘利伊代次郎 四四
滝川豆腐のコツ 宮河計之助 六三
髯と八卦 藤井殻三 四八