食道楽

月刊 食道楽 第二巻第十三号

1906年(明治39年)

月刊食道楽
第二巻第十三号目次
大根と鵞鳥〔石版色摺口画〕 桐谷洗鱗
三宅島間宮苺酒製造所〔写真版〕
水上の料理屋両国橋下〔写真版〕
菊の花 鹿山
▲実習▼
十一月のおぜんだて 大日本割烹会長割烹学校創立者 石井泰次郎
家庭実用西洋料理 大日本割烹会撰
(十一月のテーブル一週間の組合せ)
料理法実習(第二回) (略式懐石) 三河国岡崎町女子家庭割烹実習会主 浅井伝三郎
洋酒調合の法(二) YT生
(七)アイリツシ、コツクテール(八)ジヤパニース、コツクテール(九)シンシンナチイ、コツクテール(十)シルバー、コツクテール(十一)スター、コツクテール(十二)ベルモツト、コツクテール(一三)オイスター、コツクテール(十四)マーチニー、コツクテール(十五)モンタナ、コツクテール(十六)マンハタン、コツクテール(十七)ヲリヴァツト、コツクテール(十八)ソーダ、コツクテール(十九)サラトガ、コツクテール(二十)ジアセイ、コツクテール(二十一)ローヤルフホツクス、コツクテール(二十二)ウ井スキー、コツクテール(二十三)テユークト、コツクテール(二十四)ターフ、コツクテール(二十五)カツフイー、コツクテール(二十六)トリルビー、コツクテール
▲礼節▼
食事の作法(二) 大日本礼節会講師故実礼節師範小笠原流正統 松岡止波子講述 (第二)食品の喰ひやう
▲本領▼
食味観 斎藤鹿山
評判の評判=おつと云ふこと=二六新聞の食通談
家庭料理の原則 山方香峰
(第一)家庭と料理
料理の批評(上) 石井泰次郎
▲衛生▼
大根の味噌汁
栗と甘藷の比較
衛生豆腐料理 近藤宗太郎氏(談)
豆腐と湯波 幸堂得知翁(談)
▲見たり聞たり▼
日本菓実酒株式会社(上)鹿山人
旭りんご酒=スイラツプ
梅花亭主人菓子談 川尻清潭
▲奥さんの為め▼
台処道具数々〔挿図数個〕
▲雑録▼
鰹節と松魚(下) きりの庵主人
おもひざ誌(上) はの字
妙なうまいもの案内 (其十五)岡本麓泉
天定の天ぷら=今戸の紫蘇巻蕃椒=今戸の雀焼=団子坂の菊見煎餅
山中の珍味 前田曙山
大浦午蒡の料理法 福原雨六
鹿児島天草熊本の珍物 園部紫嬌
秋田の料理法 兎六
▲読者欄▼
投書数十件
▲雑誌▼
第九回食道楽会記事
各地食道楽会通信
其他雑報数十件