企画展示

ライブラリー蔵書に見る 戦時中の食 -1937年~1945年-

2005年07月04日(月) ~ 2005年09月07日(水)

  • 開館時間:10:00 ~ 17:00
  • 料金:無料

 

終戦60年を迎える今年、色々なメディアで戦後の日本が扱われていますが、戦前と戦後では一つの文化的転換がありそうです。 
 財団法人 味の素食の文化センターの公開施設『食の文化ライブラリー』では、昭和前期(1926年~1945年)に出版された約1,100冊の書籍や料理雑誌を所蔵しており、これらを年代順にひもといていくと、その時代を読み取ることができます。 
 本展示では昭和が激震した戦時中の15年間 -満州事変から第二次世界大戦終戦まで-の食の諸相を『食の文化ライブラリー』の蔵書を通じてご紹介いたします。戦時中の食を知ることで、日本人の米に依存した食生活や米へのこだわり、戦時下においても食文化を守っていこうとする姿勢をご紹介できれば幸いです。

<食の文化ライブラリーに展示の開催記録冊子を配架しています> 
配架分類記号:R13  資料コード:028729