公開シンポジウム

食の文化シンポジウム2019
「国民料理」の形成とその展開
~フランス料理と日本料理の比較を通して~

2019年11月09日(土) 13:30 ~ 16:30

テ ー マ「国民料理」の形成とその展開
~フランス料理と日本料理の比較を通して~
募集人数90名(先着順)
締め切り10月11日(金)
参加費用無料
会  場味の素グループ高輪研修センター
主  催公益財団法人 味の素食の文化センター

「国民料理」なるものは、いつ、どのようにして生まれたのか? それはやがて「世界料理」として一つになっていくのか? 本シンポジウムでは、世界の料理の中からフランス料理と日本料理をとりあげ、国民料理の形成過程や、料理の文法とその境界などをお話しいただく。続くトークセッションでは、「国民料理」という視点から、日仏の料理を比較し、その形成過程と今後の進むべき方向について議論を展開したい。



プログラム

趣旨説明 「国民料理」という視点から見えてくるもの 西澤治彦(武蔵大学 人文学部 教授)
講演1  「フランス料理」における国民的アイデンティティの形成 橋本周子(滋賀県立大学 人間文化学部 講師)
講演2   日本料理の「文法」と境界線の拡大 高橋拓児(京料理 木乃婦 代表取締役)
トークセッション 司会・コーディネーター 西澤治彦
         登壇者         橋本周子
                     高橋拓児






*定員になりましたので、申し込みは、締め切らせて頂きました。

PAGE
TOP