食文化ノ・ミカタ Food Culture's Eye

洋書についてのあれこれ

洋書についてのあれこれ

英語で書かれた食文化、栄養、料理の本は数多くあります。そこで英語圏の書籍を手にするお手伝い情報をまとめてみました。

洋書の選択のコツ

気軽に洋書を手に取るコツとしては和訳の本、特に波長の合うと感じた翻訳の訳者あとがき、参考書目などをベースにして選ぶ。ひいきの書評家、学者の薦めている本や作家から選ぶのももちろん良し。評論集、論文集は頭から読まず、適当に読み、好奇心のエンジンがかかったところからスタートする...などなど色々とありますがやる気になる本が一番読みやすく、身に付きやすいと思います。

海外の出版社(英語圏)

出版社の名前は覚えておくと何かと便利。「当社が強いのはこの分野!」と自己主張がハッキリした会社が多く、それぞれ背表紙にシンボル、ロゴ・マークをつけていることも多いので一度目にしておくと販売コーナーで迷わずに済む。

ラウトレッジロゴ.JPG   ▲ラウトレッジのロゴ・マーク

洋書の背表紙.JPG

▲洋書は本棚にならぶとこんな感じにタイトルも横倒しになります。(右倒し)

あらかじめ大きさや色、場合によってはISBN*などで検索し、

書店のほうでレジに用意してもらって購入しましょう。

さもないと首を90度に倒したままタイトルを探すハメになりますよ!

*ISBN・・・13 桁の数字であらわされる本の住所録のようなもの。

これを検索して書籍を特定することもできる。

通常、裏表紙のバーコードの近くにある。

当ライブラリーにも配架している出版社の一部

Routledge(ラウトレッジ)

人文系の学術書を扱うイギリスの出版社。たいていの分野について論文のセレクションが出ているので、気に入ったもの、何を調べるかなどを選びやすい。

ただし、1冊あたりのお値段が数千円~十万円と高めの設定なのでぜひ当ライブラリーや大学の図書館などで実際にお手に取ってご覧ください。ラウトレッジの出版する書籍は現役かつ一級の研究者の手による、読みやすく充実した内容のものがそろっていて魅力的です。それだけに手元に置きたくなるのですが、大型シリーズ本、大百科事典など、揃えようと思ったら予算がふつうの社会人の給料3か月分に届いていた、なんてことも珍しくありません。(年収に届くことも・・・)

一方、神保町をぶらつくと定価の百分の一、2~300円で売っていることもあります。大学の教授の退官で、新年度に付属図書館の入れ替えを行うなどの理由でタタキ売りされていたこともありました。

ラウトレッジ食研究アンソロジー.JPG

≪FOOD≫

▲当ライブラリーに排架しているラウトレッジの「食」に関する論文・エッセイのアンソロジーシリーズ。内容はレシピ、栄養学、経済、人類学、哲学、文学・・・食文化の研究で重要なものが選択されている。加えて注釈や参考文献目録などもそれぞれの分野の専門家、一流の研究者たちが作成と査読を担当していて充実。

REAKTION BOOKS

▲REAKTION BOOKSロゴマーク

ウェブサイト(英語)

Facebook(英語)新刊情報などを掲載。

イギリス、ロンドンのイズリントンにある出版社。

食文化の本ではThe Edible Seriesを出版しています。これは一冊につき一種類の食材や料理に関する歴史と文化を解説したシリーズ。豊富なカラー写真と美麗な図版、読みやすい長さ、購入しやすい価格設定で非常に重宝します。

たとえばこのシリーズの「ハーブ」なら中世の錬金術写本などを横に当時の使用法が、「ミルク」なら衛生管理や販売方法の進化が写真付きでわかりやすく解説されています。

2010年、このThe Edible Seriesは飲食物、特に料理とワインについての優れた著作に与えられるアンドレ・シモン賞の特別賞を受賞。

また、巻末にはその本で扱った時代の料理を自宅で再現できるミニ・レシピ集もついています。レシピには17世紀の料理書、お屋敷で働く人のためのマナー集など出典が書かれているものもあり「今、自分はナポレオンがいた時代の料理を作ってるんだ」といったワクワクを体験できます。

このシリーズは日本でも翻訳版が『「食」の図書館』、『お菓子の図書館』という名前で原書房から発売されています。この翻訳版は、当ライブラリーでもいくつか所蔵しています。

▲当ライブラリーに排架している『「食」の図書館』シリーズの一部。

表紙のような美しいカラー写真が本文にもふんだんに使われている。