088

東海道五十三次 草津

  • 絵 師:葛飾北斎
  • 刊行年:文化元年(1804)

関防の左下の短冊形枠内に「女川の里」と副題があり、「女  川」はメガワで目川とも書く地名。草津の東方にあり、菜飯と田楽が有名。『東海道巡覧記』に、「目川村、なめしでんがく名物」とあり、『東海道名所図絵』にも「目川とは村の名なれど、今は名物の菜(さい)飯(はん)に田楽豆腐の名に襲ひて、何(い)国(づく)にも目川の店多し」と載る。当図は名物の菜飯用の菜を美人が刻むところを描く。初摺本の狂歌は「いや高き人も目川の初若菜御召に妹かたつきうぢほん」(図L)。

この絵に含まれるタグ    
錦絵のご利用について