085

東海道五十三次 見附

  • 絵 師:葛飾北斎
  • 刊行年:文化元年(1804)

旅人達が茶店で蕎麦をすする情景。見附の蕎麦については、古く『東海道名所記』三に「坂の上にうどん、蕎麦切りをうる店屋あり」とか、『東海道袖の玉鉾』に「此宿の坂下にそば切りあり」など見え、知られていたらしい。店先の看板に大書した文字は「抜きそば」と読め、上部を略しているが、おそらく「挽抜(ひきぬき)そば」であろう。「挽抜」は夾雑物のない精製した上等の白いそば粉、そば粉で製造した蕎麦であろう。左脇に「壱膳一六文」と値段を記す。初摺作品にある狂歌は、ただし蕎麦は読みこまず、単に初春を祝している。「旅人の足の豆をやあさるらん 見附に鳩の春の賑ひ 三ヶ月弓」「初春の旅鴬よとまれかし 梅を見附の宿と尋ねて 杜若庵橋蜘 手」

この絵に含まれるタグ  
錦絵のご利用について