082

東海道五十三次 由井

  • 絵 師:葛飾北斎
  • 刊行年:文化元年(1804)

海浜の塩田で製塩作業のところいわゆる、揚浜式製塩法と見られ、砂粒に付着する塩を本のすきで掻き、塩水を注ぎ濃厚化し、右手前の塩屋で焼く。『五街道中細見』(以下『細見』と略称)の東海道の部で、「由井」の蒲原方面へ出外れた海浜の所に「此へん塩焼き出すところ也」と見える。当図の初摺品も「しほ焼もしらぬけふりの身ゆる也 由井のはま辺にたつ春霞 金剛舎砂守」と塩焼の狂歌を記している。(図F)。

この絵に含まれるタグ  
錦絵のご利用について