081

東海道五十三次 吉原

  • 絵 師:葛飾北斎
  • 刊行年:文化元年(1804)

この宿駅の西方にある本市場で商った白酒が名物で、図はその製造の状況を描く。古く『東海道巡覧記』のこの本市場に「上り下り立場也。ふしの白酒屋あり」と述べ、後代の『諸国道中旅篭』(弘化五年)には「元市場、名物山川酒、ひごずいき」とある。山川酒は山川白酒ともいはれ、広重の江崎屋版「東海道五十三次之内」(俗称「行書東海道」)の「吉原」に「名物山川しろ酒」の看板を出した茶店を描いた作もある。当北斎の作品の初摺品の狂歌は「白酒をひさしくわたりは春めきて 霞か引けはうたふ鳥」とある。(図E1E2)ふじの白酒については、なお製造図を女性見立てで描いた歌川豊国の三枚続錦絵作品(図E3)がある(当作は吉原とは特定しておらず、江戸の豊島屋も考えられるが、一応参考に掲出)。

この絵に含まれるタグ  
錦絵のご利用について