080

東海道五十三次 小田原

  • 絵 師:葛飾北斎
  • 刊行年:文化元年(1804)年

図中の背負い箱に記した「ういらう」は、餅菓子ではなく、小田原名物の、痰切・口臭止め等に用いる口腔の妙薬の外郎。中国の帰化人、外郎衆が当地の領主北条う氏綱に献じ、透頂香とも呼ばれて特産となる。外郎売の風俗と薬の効能を示す能弁は歌舞伎に取り入れられ市川家の芸となる。初摺品の狂歌二首は、いずれもこの薬のことをよんでいる。「鴬の舌のまはるは小田原のういろうほとの梅の功能 浅波庵河鳥」「春はきのういろう売のせりふほと雲雀の声の上がる小田原 山草庵花八重咲」(図D1D2)

この絵に含まれるタグ  
錦絵のご利用について