109

三長壽人

  • 絵 師:歌川豊国(三世)
  • 刊行年:安政2年(1855)

三代豊国の古希(70歳)を祝って、山東京山(87歳)と三秀通栄(75歳)が駆けつけたところを、老人三人を描いても商品にならないから、美人絵で描いたもの。山東京伝の弟京山は、書も得意なので、「壽 福萬年」と書いて祝う。中央の美人が豊国である。背景の立派な衝立は、「北窓翁之図(ほくそうおうのず)」とあるので、豊国の憧れる昔の絵師「英(はなぶさ)一(いっ)蝶(ちょう)」の絵である。伝説上の長寿三人、三浦(みうらの)大介(おおすけ)(106歳)、浦島太郎(3000歳)、東方朔(とうぼうさく)(8000歳)である。

この絵に含まれるタグ    
錦絵のご利用について