008

天保年間深川かるこの風俗 風俗三十二相おもたさう

  • 絵 師:月岡芳年
  • 刊行年:明治21年(1888)

軽子は深川の岡場所で酒肴を運ぶ、仲居の女のこと。シリーズ題の部分は、欅の象嵌。副題の部分はぼかしが三本あり、櫂は早い。刺身らしい皿には、熊笹が見える。

この絵に含まれるタグ
錦絵のご利用について