Kawara-ban

October, 2015

わたしたちが、見たり、聞いたり、食べたことを紹介します。

「秋山徳蔵・渾身のザリガニスープ」

(監修:株式会社トワ・スール脇雅世 料理再現:株式会社明治記念館調理室 洋食部総料理長 青柳義幸)
11月2日(月)より、食文化展示室で「天皇の料理番 秋山徳蔵メニューカード・コレクション展」を開催します。あのザリガニ脱走事件(大正4年大正天皇即位の大礼)の時の晩餐料理も食品サンプルで展示します。

今月のおすすめ本!

新旧図書の中からスタッフが「これぞ!」というオススメを毎回ご紹介します。
ライブラリー館内では、ポップとともに月替わりで展示中。

book_151001.jpg

<新刊図書から>

クリと日本文明』元木靖 海青社 2015年8月刊行

地理学的研究をベースとして、日本の文明史的視点に立ってまとめられた栗(クリ)の本。分布や栽培、品種などの話をはじめ、タイトル通り、日本人とクリとのかかわりが丹念に描かれた本。クリ菓子産業の発展や、海外(イタリア・フランス・韓国・中国)の話題もあり。クリを食べるだけでは飽き足らないあなたに贈りたい1冊。

book_151002.jpg

<秋の味覚!マツタケに関する本>

秋といえば、キノコ。そして王様とも言える存在がマツタケ。何がそんなに日本人の心をひきつけてきたのでしょうか。こんな本を読めば、マツタケの味/香りもひとしお!?

まつたけの文化誌』岡村稔久 山と渓谷社 2005年刊行

「マツタケ」の話』小川真 築地書館 1984年刊行

善さんのこれがキノコ料理だ』今善一・今善教 無明舎出版 1996年刊行

book_151003.jpg

<岸朝子さん追悼>

「おいしゅうございます」のフレーズで親しまれた食生活ジャーナリストの岸朝子さんが、9月に亡くなりました。幅広いご活躍と人間的な魅力に迫る図書をご紹介します。

全国 五つ星の手みやげ 新訂版』岸朝子(監) 東京書籍 2014年刊行

日本の食遺産』岸朝子 ワニブックス 2006年刊行

このまま100歳までおいしゅうございます』岸朝子 東京書籍 2013年刊行

岸朝子さん関連の「vesta」掲載号は以下の通りです。

①座談会 ②エッセイ ③対談