Kawara-ban

January, 2018

わたしたちが、見たり、聞いたり、食べたことを紹介します。

江戸の再現菓子「柿衣(かきころも)と鯨餅(くじらもち)」

「柿衣」は種をとった干し柿の中に栗の実を入れて揚げたもの(『素人包丁』より)。香ばしさの中に上品な甘味が凝縮されています。「鯨餠」は鯨の皮の断面に見立てたお菓子(『古今名物御膳菓子秘伝抄』より)で、ういろう風。いずれも1月19日に開催したシンポジウムでご紹介したものです。

今月のおすすめ本!

新旧図書の中からスタッフが「これぞ!」というオススメを毎回ご紹介します。
ライブラリー館内では、ポップとともに月替わりで展示中。

book1_1801.jpg

<新刊図書から>

古沢広祐著『食べるってどんなこと?』平凡社 2017年11月刊行

食べることが命や社会の活動、自然環境や生態系、そして歴史、文化などと、どのように関係しているのか。私たち一人ひとりの食べていることが、その社会や自然などのシステムとどのようにバランスしているのか、など。幅広い視点からの疑問に対し、中学生の素朴な質問に答える格好で分かり易く鳥瞰できるように書かれている。若者、食育関係者向けとしてはもとより、日頃考えていない食べることの幅広く奥深い関係を網羅的に考える機会を与えてくれる書物です。

book2_1801.jpg

<新刊図書から>

橋爪伸子著『地域名菓の誕生』思文閣 2017年12月刊行

名菓といえば京都や東京の老舗以外にも全国各地にたくさんあり、皆さんも旅行や出張のお土産として買われることでしょう。本書では、こうした名菓が、近代以降に社会の変動や異文化との接触をへて変化し、新たな展開を迎えるありさまを丹念に論じています。たとえば5回にわたる内国勧業博覧会への出品数は回を追うごとに増えていきますが、第4回、5回の増加の一因は台湾総督府保護下での製糖業による砂糖供給の影響と考えられるのだとか。食べたことがある菓子も、この本を読むと見方が変わってきます。

book3_1801.jpg

<新刊図書から>

増淵敏之著『おにぎりと日本人』洋泉社 2017年12月刊行

あまりにも身近すぎて、深く考えることの少ない「おにぎり」。そんなおにぎりをめぐる歴史や地域性、国民性、マーケティング的なことについてまとめたのがこの1冊。江戸時代のおにぎりは?、陸軍型おにぎりと海軍型おにぎり、おにぎり・おむすび、女性が好むおにぎり、...などなどランチの話題だけでなく、酒の席でもお役立ちのネタが詰まっています。おにぎりが食べたくなった、という方は、白央篤司『にっぽんのおにぎり』(理論社)をどうぞ。郷土料理や特産品を応用した47種のおにぎりが、実物大の写真で迫ります。