Kawara-ban

August, 2016

わたしたちが、見たり、聞いたり、食べたことを紹介します。

中国河南省・開封市の「キビ餅」

スタッフが夏休みに現地で食べたキビ餅(稷子糕)。甘さ控えめ、紅棗(ナツメ)の甘酸っぱさがアクセントになっていました。北宋の首都だった開封の屋台や小吃については『東京夢華録(とうけいむかろく)』にも記されています。このエリアの食文化については中国語図書コーナーの『河南特色飲食文化(上下)』もご参照下さい。

今月のおすすめ本!

新旧図書の中からスタッフが「これぞ!」というオススメを毎回ご紹介します。
ライブラリー館内では、ポップとともに月替わりで展示中。

book_160801.jpg

<新刊図書から>

箸はすごい』エドワード・ワン(著)、仙名紀(訳)柏書房 2016年6月刊行

食事の際だけでなく,日本人の生活文化とは切っても切れない関係にある「箸」、その7000年にもわたる歴史を辿りながら、豊富なカラー図版も駆使して、中国人の歴史学者が新たな視点から考察する「箸」を主軸とした食文化誌。お食い初めからお骨あげまで「人生は箸とともに始まり、箸とともに終わる」とされている日本についても、祝箸として使われる両口箸にうかがわれる様な神人共食の思想や、直箸や移り箸などの様々な禁忌の背景となる合食・共食の考え方などが触れられており、興味深いです。

book_160802.jpg

<新刊図書から>

水の歴史』イアン・ミラー(著)、甲斐理恵子(訳)原書房 2016年6月刊行

茹だるような暑さ!そんな時に、よく冷えた"水"は、身も心も癒してくれます。"水"は、ヒトが生きる上ではなくてはならないものです。料理や健康、日常生活、経済活動などと深く関わり、また、深刻な政治課題や争いの火種にもなります。この本は、その『水の歴史』を鳥瞰的に紹介した本です。私たちは「水と空気はタダ!」と思ってきましたが、21世紀は「水の時代」との声もあります。水との今後の関わり方を考える機会にしてはいかがでしょう。

book_160803.jpg

<味噌に関する図書>

おなじみの調味料、みそについて、民俗・歴史・料理などから3冊をご紹介します。
蔵書検索で、書名を選択し、<みそ>を検索すると、約130冊の図書がヒットします。

味噌の民俗 ウチミソの力』岩城こよみ(著) 大河書房 2016年7月刊行
みそ文化誌』みそ健康づくり委員会 全国味噌工業協同組合、中央味噌研究所 2001年4月刊行
みその本 みその料理』辰巳浜子(著)、辰巳芳子(編)文化出版局 2009年刊行