Vesta 100号共食-食のコミュニケーション

2015.10.10

責任編集 髙田 公理(たかだ まさとし)

およそ40年前、石毛直道は「料理をすること」と「共食をすること」という二つの要素で人間の特質を捉えようと考えた。
むろん生きるためには、人間以外の動物も食べる。ただ、火を使って料理するのは人間だけだ。さらに、その食物を積極的に仲間と分かち合おうとするのも人間だけだ。ここに人間という動物の特質がある。
だが今日、料理をしない人が増えた。調理済みの食品が容易に手に入るからだ。単身の若者や老人、同じ家族に属していても、他の誰かと食事を共にすることのない人も少なくない。
人間は今日、その存在の基本のところで、従来とは異質の存在に変化しつつあるのか。「共食」を多面的に検討することで、人間とその社会の将来を展望したい。
 
購入する
お問い合わせ

味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

特集 共食-食のコミュニケーション

巻頭:vesta100号によせて/石毛直道、熊倉功夫 
   特集を振り返る 
    
Ⅰ 座談会 「共食」を語る/髙田 公理、石毛直道、上野千鶴子、山極寿一
 
Ⅱ 共食の萌芽、展開
 1ヒトらしさの発露としての共食/外山紀子
 2共食の平和力/澤田昌人
 
Ⅲ 世界各地の共食のかたち
 1 辺境編
  ①極北の祝宴-クジラを分かち合い、食べる喜び/岸上伸啓
  ②精霊たちといのちを共食する/武井秀夫
  ③パプアニューギニア・コンビオ社会の共食/梅崎昌裕
 2 街編
  ①食卓におけるコミュニケーション-ドイツ近代史からの一考察/南直人
  ②マンマの料理-イタリアの共食の象徴/山辺規子
  ③テレビドラマでわかる韓国の「ひとり飯」/前川健一
 
Ⅳ 日本における共食のかたち
 1 歴史をたどる
  ①「神人共食」の伝統/神崎宣武
  ②和食の発達と共食/原田信男
 2 近代家庭からみた共食-食のコミュニケーション/江原絢子
 3 独居者たちの共食理論-「尻軽」な街コンからスカイプ飯まで/藤本憲一
 4 さまざまなオケージョンにみる共食
  ①食と外交/松浦晃一郎
  ②地域と人をつなぐ郷土食-真宗の行事における共食/清絢
  ③被災地での料理教室 <企業インタビュー:味の素株式会社>
 
Ⅴ まとめ
  「共食」論の過去・現在・未来/髙田 公理
 
<連載>
再発見!日本の食 日本のくらしと食のしかけ(第3回)
「あまんぼう(干柿)に見る伝統の継承のあり方」/文・二村 悟  写真・小野 吉彦
旅の記録と食(第10回)「山伏の歩く道」/山本 志乃
大食軒酩酊の食文化(第29回)「庖丁式」/石毛 直道
里海のくらしと食文化(最終回)「種をまく日生漁民と魚島サワラの日本文化」/印南敏秀
文献紹介 五島淑子 著『江戸の食の学ぶー幕末長州藩の栄養事情』/東四柳祥子