Vesta 36号味の文化論

1990.10.10

責任編集 杉田 浩一

あらゆる食べ物を揃えても数ヶ月経てば飽きて、ある人は満足してもある人は文句をいう。人の味覚が幼児からの食体験の累積であることを示している。・・・できれば人生の「味」をかみ分けた、しなやかな大人でありたいとは思うが、さてどうだろうか。(「特集“味の文化論”に想う」より)

購入する
お問い合わせ

味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

特集 味の文化論

 

カラー企画
 地中海世界の味ー新旧「味」の変貌ものがたり  鈴木貴久子
 タイの味―「辛」・「甘」・「酸」のハーモニー  荘司和子
 ブラジルの味―「混血の味」  森 幸一
 中国の味―「豚の味」  南 広子
 フランスの味―「パン屋のかまどでじっくり煮込む」  大沢晴美
座談会「味の文化論」  杉田浩一、河村明子、藤木正一、北山晴一
フランス味覚啓蒙活動の取り組み  アントワーヌ・シェフェール
甘党・辛党について―食べ物飲み物の好き嫌いについてそのメカニズム  河村洋二郎
食生活の成り立ち  栗原堅三
嗜好が時代と共に変化する理由  柳本正勝
漬物に見る味覚のなりたち  小川敏夫
 
〔レギュラー〕
 食から見た日本史 近世の食⑥ 江戸の果実  原田信男
 世界の人々の食生活と健康① 私説 サンゴがもたらした世界一の長寿地域沖縄  山本 茂
 アメリカ食文化最新情報① CIA(アメリカ料理大学)の戦略―Asian Flavor  白木川富子
 エッセイ 「塩の道」  井上 如
 言語学と食― 食べる/召し上がる/いただく  柴田 武
 鷹の鳥 鷹匠と食文化(下)  堀内 勝
 ワインあれこれーワインの地平を展望すれば  浅井昭吾
 文献紹介 ヨーロッパ食文化研究のために① S・メネル他著『食の社会学―食生活と文化』  カタジーナ・チフィエルトカ
 取材 お惣菜屋を訪ねて  草野美保
 文献紹介『韓国料理文化史』  朝倉敏夫