Vesta 85号はじまりの酒

2012.01.10

責任編集 沼野 恭子(東京外国語大学教授)

 

その昔、人は身近にある果物や穀物で酒造りをはじめた。ブドウ、バナナ、蜂蜜、米、麦、サトウキビ、トウモロコシ・・・。 
何世紀もの間、昔ながらの方法で丹念に作られてきた酒―それを「はじまりの酒」と呼ぶなら、「はじまりの酒」はいったいいつ、どこで、どのように作られ、どのように飲まれ、社会の中でどのような機能を果してきたのだろうか。 
「はじまりの酒」は太古への郷愁を漂わせているだけではない。急速に進むグローバリゼーションへのアンチテーゼでもあり得るのだから。「はじまりの酒」を通して世界の酒文化について考えたい。
(巻頭言より)
購入する
お問い合わせ

味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

特集 はじまりの酒

 

伝統的酒造法の類型と分布  石毛直道
蜜酒は髪をつたわって流れてしまい・・・ロシア文化における蜜酒と馬乳酒  沼野恭子
ブラジルの国民酒カシャサとインディオの口嚼酒(くちがみしゅ)カウインの製造法  田所清克
アフリカの森の酒カシキシの魅力  山極寿一
ワインのふるさとから  児島康博・児島メデア
マルコポーロが飲んだヤシ酒  濱屋悦次
今日も飲まれている「はじまりのビール」  田村 功
四杯のマッコリ―韓国の濁酒の味わい方  太田心平
酒造り集団「杜氏」  小泉武夫
本格焼酎の楽しみ  江口まゆみ
海を渡った「はじまりの酒」―アメリカにおける日本酒の今  鈴木基子
 
〔レギュラー〕
狗肉の食とそのタブー(中)犬食い略史  山田仁史
大食軒酩酊の食文化14「ナガランドのライスビール」  石毛直道
寄稿「みをつくし料理帖」にみる美味しい時代小説の作り方  髙田 郁
食べる人たち17 「食べることは自分への挑戦」  ゲスト・松任谷正隆/聞き手・宇田川 悟
B級ご当地グルメの魅力4(最終回) 「祭典」  小林 哲
生業社会の食文化1 パプアニューギニア高地のサツマイモ食  梅崎昌裕
民話に見る食11 「笠地蔵ほか」  石井正己
文献紹介 黒木真理・塚本克己著『旅するウナギ』  赤嶺 淳