Vesta 79号虫を食べる文化

2010.07.10

責任編集 高田 公理(佛教大学教授)

 

今日、「虫を食べる」というと、日本人の多くは驚き、かつ嫌悪の表情をあらわにしがちだ。 
いったい「食べられるもの」と「食べられないもの」の線引きは、何を基準に、どのようになされるのだろうか。 
自然と人間のかかわり、将来の食糧問題などにも目配りしながら「虫をたべる文化」について、あらためて考えてみたい。
(巻頭言より)
 
購入する
お問い合わせ

味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

特集 虫を食べる文化

 

日本人はどんな虫を食べてきたか  野中健一
商品としての虫、レジャーとしての虫  野中健一
ミツバチとその生産物の利用  松香光夫
イモムシ食あれこれ  三橋 淳
サルから学ぶ虫(むし)グルメ  布施未恵子
エッセイ 虫を食べる  奥本大三郎
生薬としての虫の利用  金 成俊
未来の昆虫食  三橋 淳
虫を食べるということ  高田公理
 
〔レギュラー〕
大食軒酩酊の食文化8「花見のご馳走」  石毛直道
食べる人たち11「おいしゅうございます」は感謝の心  ゲスト・岸 朝子/聞き手・宇田川 悟
民話に見る食5 「食わず女房」  石井正己
イギリス料理はなぜまずくなったのか 2  本城靖久
シンポジウム『動物の消費とその限界』より  ジャーヌ・コビー/林 耕次/秋道智彌
文献紹介 西澤 治彦著『中国食事文化の研究―食をめぐる家族と社会の歴史人類学』  南 直人