Vesta 77号世界の食を言語する

2010.01.10

責任編集 八杉 佳穂(国立民族学博物館教授)

 

食はたいへん文化的なものであり、それぞれの文化を反映している。おおよそ人間が利用するものには名前がつき、食物を口にする行為は同じでも、環境が違い、民族が違うと表現が異なる。
4千とも7千ともいわれる世界の民族言語のうち、今回は20あまりを取り上げ、言語学者や人類学者たちに、その一端を紹介してもらう試みを行った。
こうした違いや多様性を豊かさと認めることこそ、21世紀の我々にとって、ポスト・グローバルの社会になればなるほど大切となるに違いない。
(巻頭言より)
購入する
お問い合わせ

味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

特集 世界の食を言語する

 

食をことばする  八杉佳穂
アジア・極北編 
 食べるもの・飲むもの  藤代 節
 稲作文化を守って生きる人びと、ムンダ人  長田俊樹
 タミル語「食べる」の意味世界  山下博司
 食べること、飲むこと、ご飯を炊くこと  阿良田麻里子
 油がつむぐ豊かな関係  飯國有佳子
 黒タイ語のキン(たべる・のむ)  樫永真佐夫
 菜猪とよばれる中国のブタ  野林厚志
欧州・中東・アフリカ編
 心も運ぶ“パンを焼く”動詞  庄司博史
 ヨーグルトの言葉  マリア ヨトヴァ
 古代シュメールの食  森 若葉
 名もなき花と千のハシーシュ  菅瀬晶子
 バカ・ピグミーの食と嗜好  林 耕次
 ヤムイモの焼き加減をかたる人びと  金子守恵
 テンボ族の「練り粥」  梶 茂樹
メリカ・オセアニア編 
 カナダ先住民の食とことば  笹間史子
 ペルー・ケチュアの食  蝦名大助
 コトバを食べる人びと  行木 敬
 オーストラリア原住民の食と言葉  角田太作
 フィジーのタロイモ  菊澤律子
 多様なる世界をめぐって  八杉佳穂
 
〔レギュラー〕
昔話に見る食文化3 猿蟹合戦  石井正己
メディアと家庭料理④(最終回)ラジオの料理番組とローカル放送  村瀬敬子
大食軒酩酊の食文化6 ジャガイモのソーセージ  石毛直道
錦絵が語る食文化⑦ 浅草海苔  飯野亮一
食べる人たち 9 食と人の多様性  ゲスト・羽仁進/聞き手・宇田川 悟
 
文献紹介
奥村彪生著『日本めん食文化の1300年』  熊倉功夫