Vesta 74号変わりつづける『世界の食文化』

2009.04.10

責任編集 南 直人(京都橘大学教授)

 

いまわれわれは歴史の大きな転換点にある。
このことばは、昨年からしばしば経済や金融の問題として語られているが、おそらく政治や文化も含め、社会全体にあてはまる。そして、食の世界も無関係ではなかろう。
本号は、財団法人味の素食の文化センター設立20周年記念号にもあたり、世界各地の食文化の現在、そして未来を考察する多くの論考が集められた。
これからの人類にとっての食のゆくえを案じつつ、ぜひご一読願いたい。 
購入する
お問い合わせ

味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

特集 変わりつづける『世界の食文化』

 

 
現代日本における食生活の変貌  原田信男
食卓は語る―家族の関係と価値観  岩村暢子
"発見"され続ける「ご当地グルメ」  野瀬泰申
現代中国人の食生活―変わるものと変わらないもの  西澤治彦
キムチ・ナショナリズム  朝倉敏夫
モンゴルの変わる食、変わらない食  小長谷有紀
コラム ロシアの食生活で変わったこと  沼野恭子
タイの食文化この20年―外食産業が一気に表舞台に  前川健一
マジェスティックでマティーニを?インドシナの酒の情景  森枝卓士
インドのファストフード  小磯 学
コラム ケータリングと出張コック ―マハーラーシュトラ州プネー(プーナ) 小磯 学
インドネシアの外食文化と都市に生きる職業女性  阿良田麻里子
イラクの食―戦争と肉(ラフマ)料理  酒井啓子
レバノンのスシ  黒木英充
トルコの社会と食の「西洋化」の転換点―「西洋の衝撃」への応答  鈴木 董
腹いっぱいの悪夢―オーストラリアの食  小山修三
「地球に負担をかけぬ食」への変化  本間千枝子
アンデス山中の農村における食生活の変化  山本紀夫
アラスカ先住民イヌピアックの捕鯨とクジラ料理  岸上伸啓
紅茶とコーヒーのせめぎあい―変わるイギリスの飲み物事情  指 昭博
ドイツの食の現在  南 直人
ブォナ・ペティート―やっぱり食べるイタリア人  山辺規子
変わるスペインの食―人の移動をめぐって  立石博高
食のフランスモデルと朝食の変容  北山晴一
セネガル人の国民料理「チェブ・ジェン」の変容  小川 了
コラム 超高級魚になったチョーフ  小川 了
鼎談 世界の食文化はどう変わりつつあるか  南 直人・石毛直道・熊倉功夫

(今号は特別号につき、レギュラーはお休みしました)