Vesta 67号栄養信仰

2007.07.10

責任編集 豊川 裕之(医師・東京栄養食糧専門学校講師)

 

栄養学は私たちの健康や長寿に大きな貢献を果たしてきた一方で、特定の食品や栄養素に特化し、かならずしも健全ではない健康法が話題になっている。 
今号では、栄養にまつわる問題点や、国内外の実践の試みを紹介する。「健康で心豊かな食卓」とは何かを考える示唆となれば幸いである。
購入する
お問い合わせ

味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

特集 栄養信仰

 

妙薬信仰の根源  豊川裕之
豊かな食生活のために―世界の食生活指針とそのとりくみ  峯木真知子
現代の食物選択と生活要因  茂木美智子
栄養学が果たした「功」と「罪」―近頃思うこと―  野口 忠
複雑系としての栄養学  豊川裕之
サプリに走る人々―中高年女性を対象にした肥満指導の現場から―  小西すず
「健康と食」に関するうごき<戦後~現在>  編集部
浅薄な食・栄養情報に踊る日本人  高橋久仁子
インド伝統医学・アーユルヴェーダの医食同源  上馬塲和夫・小川 弘子
 
〔レギュラー〕
 西洋の養生術① 西洋の伝統における健康バランス  山辺規子
 アラブ・イスラム世界の饗宴④ デザートとカターイフ 後編  堀内 勝
 おいしいアジアのカレー① ミャンマーの赤いカレー  酒井美代子
 エッセイ 『最後の晩餐』のレストラン  布施英利
 文献紹介 宮下規久朗著『食べる西洋史「最後の晩餐」から読む』  池上俊一