Vesta 55号「オリンピックと食―アテネからアテネへ」

2004.07.10

責任編集 樋口 満 (早稲田大学教授)

 

表紙画:奥山民枝 2004年は夏季大会がオリンピック発祥の地、ギリシャのアテネで開催され、さまざまな競技で日本選手の活躍が期待されている。 
オリンピックに出場し、メダルを獲得するためにトップアスリートは日々激しいトレーニングに励んでいるが、アスリート本人ばかりでなく、アスリートをさまざまにサポートするスタッフの努力も忘れてはならない。 最近ではサポートスタッフとして監督、コーチ、トレーナーなどとともに、食事・栄養のサポートをするスポーツ栄養士の存在も次第に知られるようになってきた。 
それは、トップパフォーマンスのためには日々の食事・栄養が重要であるとの認識がスポーツ界において広く認識されてきたためである。 
トップアスリートになるには、ジュニア期からのしっかりとしたトレーニングが重要だが、それを支えているのが「食」である。 
本特集では「スポーツ」をキーワードとして「食」について考える情報を提供する。 
(「特集によせて」より) 
購入する
お問い合わせ

味の素食の文化センター
Tel 03-5488-7318

特集 「オリンピックと食―アテネからアテネへ」

 

古代ギリシャ・オリンピックの選手の食  塚田孝雄
総括 オリンピックと食―アテネからアテネへ―  樋口 満
歴代・競泳選手にみる食のエピソード  「ヴェスタ」編集部
アスリートたちの食事① スポーツ選手の栄養上の問題点  柳沢香絵
アスリートたちの食事② スポーツ選手のウェイトコントロール  小清水孝子
アスリートたちの食事③ 海外合宿・強化練習時の食事  柳沢香絵
エッセイ 「台所通信」  瀬古美恵
スポーツ選手に対する栄養教育・食事指導  田口素子
スポーツ栄養士になるために  田口素子
インタビュー マラソン・ランナーの食事  山下佐知子
選手村の食事と栄養サポート① シドニーオリンピック  小清水 孝子
選手村の食事と栄養サポート② 第14回アジア競技大会 2002・釜山  柳沢香絵
アスリートのためのレストラン「アール・キューブ」(JISS) ヴェスタ編集部
ジュニアアスリートの食育  古旗照美
 
〔レギュラー〕
カラー企画 世界の食の情景11・フランス「コミュニケーションとくつろぎの食卓」  解説:北山晴一/撮影:大村次郷
「ことばのゆれ」からみた日本の食③「肉」が指し示すものの地域差(上)  塩田雄大
食卓の調味料(5)『XO醤』  山本 豊
すこやかに生きる食文化③ 夏の薬膳  上野多惠子
エッセイ 「食」は、文化をめぐる旅  吉野直子
野生食を訪ねて・12(最終回) 男たちの海―クジラをめぐって  小山修三・岡町洋子・渡邊茂智
フランスの魚料理(岡野 洋子・エッセイスト)サケ・マス沖合い漁場の開拓  渡邊茂智・瀬戸内海歴史民俗資料館主任専門職員
文献紹介 ヨーロッパ食文化研究のために⑳ユッカ・グロノフ著『キャビアとシャンパン』  カタジーナ・チフィエルトカ
文献紹介 ジャン・ボテロ著『最古の料理』  尾崎貴久子
取材 家庭の食の道具② 「冷蔵庫」  清浦恵理子